購入者側の借地権のメリットとデメリット

安く手に入る

定期借地権の一番のメリットは、土地を買うより安いことです。定期借地権の権利を買うには、保証金と地代を支払う必要があります。保証金は部屋を借りる際の敷金のようなもので、50年後に土地を返還すると戻ってきます。地代は賃料のようなもので、毎月支払いが発生します。

保証金は土地の価格の20~25%程度が多く、1,000万円の土地を借りたとすれば保証金は200~250万円必要となります。2,000万円なら400~500万円は想定しておきましょう。地代は土地の価格に0.5~1.5%程度になります。1,000万円の土地を借りたとしたら、年間15万円はかかります。保証金250万円と地代を50年間支払った分の750万円を足すと、1,000万円支払うことになります。思ったより高いと思うかもしれませんが、1,000万円の土地を所有するとなると、固定資産税や住宅ローンの金利も加わり、1,000万円では買うことは不可能です。保証金は50年後の物価の変化により多少目減りする可能性はありますが、50年後には返ってくるため、土地を買うより6割くらいの費用で借りることができる計算です。

子どもがいない家庭で、相続させる家族がいない場合、土地を買って家を建てるより、定期借地権のほうがメリットが高いと感じるのではないでしょうか。


安く手に入る
Previous post
メリットとデメリット
Next post