購入者側の借地権のメリットとデメリット

メリットとデメリット

分譲住宅や分譲マンションでたまに見かけるのが、定期借地権の住宅です。マイホームを手に入れるには土地が必要で、地域によっては地価が高く住宅を購入できない場合もあるでしょう。そのような際に選択肢に入れたいのが、定期借地権の住宅なのです。定期借地権は、借地権の一種で、他人の土地を借りて家を建てることができます。土地自体を買うわけでなく、権利を使用するのみのため、地主には地代を支払う必要があります。普通に土地と建物を買うよりも安く、借り主側にとってメリットが高いものと感じる方もいるでしょう。その前に定期借地権のメリットとデメリットを正しく理解することをおすすめします。

住宅として利用できる借地権は、一般定期借地権となるため、借りることができるのは50年間までです。50年経ったら更地にして地主に返還しなければなりません。1世帯のみの住宅を建てることを想定しているなら、50年間でも十分な期間があるといえます。老後の住宅を想定している場合、たとえば50歳で家を建てたとすれば、100歳になるまで土地を借りることが可能です。注意したいのが、30歳で家を購入し老後のことまで考えない場合です。30歳から50年間といえば80歳ですから、まだまだ健全な場合も十分あります。老後に新たな土地を借りて家を建てようと思っても、なかなか難しいため、期間については十分検討する必要があるでしょう。


安く手に入る
Previous post
定期借地権とは
Next post